温心堂接骨院 インフォメーション&コラム

HOME > インフォメーション&コラム > 痛みのお話

痛みのお話

2019.08.18

17.世紀のフランスの哲学者デカルト


痛みの原初的な原理提唱者でもある


その提唱内容


火の粉が飛んできて足に当たる


足の皮膚が衝撃で歪む


足についている糸が引かれ頭に穴を開ける


よって頭で痛みを感じる


というもの


これを図示したもの疼痛学会のロゴだったはず(今でも?)


もちろんこの提唱が


現在でもそのまま適用されるわけではありませんが


極論的には正しい


大雑把に言えば間違いではありません


推測ですが


この発想


教会の鐘ヒントでは?


下に伸びているを引くと、上の揺らされて鳴る


あの様子が着想のきっかけでは?


なんとなくそんな気がします


ちなみにこのデカルト


「われ思うゆえにわれあり」が有名


確かにそうでしょうが


在るから思えるのでは?って気もしなくもない・・・

久喜市の温心堂接骨院

久喜市にある予約制の治療系接骨院。
筋骨格系の負傷や症状・スポーツ外傷・交通事故・労災対応・酸素カプセル療法。
住所:〒349-1117 埼玉県久喜市南栗橋4-11-5ラフィーネ103
TEL:0480-53-0837(予約優先)

> 一覧へ戻る

諦めていた痛み。治らなかった症状。当院にご相談ください。

症状に対応した治療の質を維持するため予約制となっております。
急な痛みや負傷には予約状況によらず可能な限り診療させていただきますが、まずはお電話にて対応可能かお問い合わせください。
また、遠方からお越しになる方には長時間予約(ロングコース)をおすすめします。

温心堂接骨院電話番号0480-53-0837