温心堂接骨院 インフォメーション&コラム

HOME > インフォメーション&コラム > ・ケース紹介・ すねの前側の痛み

・ケース紹介・ すねの前側の痛み

2019.06.30


半年くらい痛みが続く60代の方


膝下のすねの一番上の突出部(脛骨粗面部)の痛み


お仕事にてどうしても膝立ちした姿勢が不可欠


脛骨粗面皮下滑液包炎


別名  女中膝


家事手伝いの方が床拭きにて膝立ちを続けた際に発症が多かったことに由来


繰り返す床との接触から発生する滑液包炎症


どうしてもその姿勢がやめられないとのこと


ですので


膝のプロテクターもしくは厚手のサポーターを装着して行なうよう指示


痛覚過敏もあったため触れ方を指導


行なっていたスクワットはやめていただきました


こうした滑液包炎は骨の突出部に多いもの


有名処では


畳職人の肘頭(肘頭部滑液包炎)


長時間の体育すわりによる坐骨(坐骨滑液包炎)


同じ側横向き寝でのカウチポテトによる股関節部外側(大転子滑液包炎)


などが有名


その他さまざまな骨突出部に見られます


案外他の原因と見間違えられることも多いもの


成り立ちとしては床ずれと似ていますね

久喜市の温心堂接骨院

久喜市にある予約制の治療系接骨院。
筋骨格系の負傷や症状・スポーツ外傷・交通事故・労災対応・酸素カプセル療法。
住所:〒349-1117 埼玉県久喜市南栗橋4-11-5ラフィーネ103
TEL:0480-53-0837(予約優先)

> 一覧へ戻る

諦めていた痛み。治らなかった症状。当院にご相談ください。

症状に対応した治療の質を維持するため予約制となっております。
急な痛みや負傷には予約状況によらず可能な限り診療させていただきますが、まずはお電話にて対応可能かお問い合わせください。
また、遠方からお越しになる方には長時間予約(ロングコース)をおすすめします。

温心堂接骨院電話番号0480-53-0837