温心堂接骨院 インフォメーション&コラム

HOME > インフォメーション&コラム > 「何で薬指?」

「何で薬指?」

2019.06.16


高校生のラグビー選手 右の薬指第一関節の捻挫


相手のユニフォームをつかんだ際の負傷


そこで疑問が?


「何でよりによって薬指?」


このシュチュエーションでの損傷をスポーツ業界ではそのままずばりジャージ損傷と呼んでいます


そしてもっとも高頻度なのが薬指


実は簡単な理屈


招き猫のように指でおいでをしてみてください


ほら!


たいていは薬指が一番長い


だから最後に引っかかっている指になりがち


それともうひとつ


一番遠くに手を伸ばす際には


体を反対側にかたむけ、手を親指側に倒します


骨格上これが一番遠くに到達できることを身体は知っているため


この動きを選択します


するとさらに薬指が活躍するのです


以上によりジャージ損傷が成立するわけです


でも、確かに普通は不思議に思うものかも知れません


こうした利点を活かした工夫が剣術や合気道に活かされています


中国拳法のある流派は相手をつかむ際、中指と薬指のみ用います

久喜市の温心堂接骨院

久喜市にある予約制の治療系接骨院。
筋骨格系の負傷や症状・スポーツ外傷・交通事故・労災対応・酸素カプセル療法。
住所:〒349-1117 埼玉県久喜市南栗橋4-11-5ラフィーネ103
TEL:0480-53-0837(予約優先)

> 一覧へ戻る

諦めていた痛み。治らなかった症状。当院にご相談ください。

症状に対応した治療の質を維持するため予約制となっております。
急な痛みや負傷には予約状況によらず可能な限り診療させていただきますが、まずはお電話にて対応可能かお問い合わせください。
また、遠方からお越しになる方には長時間予約(ロングコース)をおすすめします。

温心堂接骨院電話番号0480-53-0837