温心堂接骨院 インフォメーション&コラム

HOME > インフォメーション&コラム > ケース紹介  若木骨折

ケース紹介  若木骨折

2018.10.16

プライバシーの観点から個人的背景にはアレンジを加えての紹介となります


サッカー中転倒し手をついた小1の男の子

来院時 

出血は目立たず 可動痛もすくないため捻挫かなと思いましたが

骨長軸テスト  エコーでの左右の骨稜線の差が見られ

若木骨折を疑い レントゲン紹介

結果

前腕の若木骨折  シーネにて二週間の固定と診断


その名のとおり

ボキッと折れず

若い枝のように

グニャっと曲がる骨折

ですが

若年者の自家矯正力は強く 多少の曲がりは成長過程で矯正されます

今症例も自家矯正可能な範囲のものであったため

シーネ固定後 テーピングとリハビリにて順調に回復するものと思われます

> 一覧へ戻る

諦めていた痛み。治らなかった症状。当院にご相談ください。

症状に対応した治療の質を維持するため予約制となっております。
急な痛みや負傷には予約状況によらず可能な限り診療させていただきますが、まずはお電話にて対応可能かお問い合わせください。
また、遠方からお越しになる方には長時間予約(ロングコース)をおすすめします。

温心堂接骨院電話番号0480-53-0837