温心堂接骨院 インフォメーション&コラム

HOME > インフォメーション&コラム > ・ケース紹介・ 脚のしびれ

・ケース紹介・ 脚のしびれ

2019.05.08


東南アジア出身の方


自宅で転倒し脚の肉離れで来院


予約の関係で時間外でテーピング処置をしました


少々遠方なので、お近くの病院で引き続き治療するよう進めたのですが


以前、ヘルニアを治してもらったから当院がいいとのこと


でも


実は誤解


確かに以前の脚のしびれは回復しましたが、ヘルニアを治したからではありません


今でも画像で確認すれば依然としてヘルニアはあるはず


そのときの脚のしびれは別の部分が作り出したもの


治療で狙った場所は臀部の側面の筋のスパズムのみ


まったくヘルニアは狙ってません


狙ってもヘルニアを無くすことなど出来ません


実は


痺れ=神経の圧迫


よりも


痺れ=関連する筋膜のスパズム


のほうが多いのです


今回の方も同様だったため治療に上手く反応したわけです


母国でも、来日後もヘルニアと診断されて治療されていたわけですから頑固なイメージも出来てるでしょうし


何より患者さんの母語に対するボキャブラリーが私に皆無で


お互い怪しい英語でのやり取りのため上手く説明が伝わりません


今回の怪我の治療中もトライしましたが不十分


今でもヘルニアが治ったと思われています


あと何回かテーピングの必要があるため、来院時に説明をチャレンジするつもりです


正しく知ることが治療以上に大切だから


治療者に対し間違ったイメージの投影を持つことが多いでしょうが


治療者に力などありません


患者さん自身のイメージが投影されて、技術やパワーがあるように見えているだけなのです


事実はとてもシンプル


心理学のフロイト学派でも投影されたイメージを転移・逆転移として厳に戒めています


私も同感


治療者に対し何らかの転移が働いた場合には、いずれ失望に変わることが多いもの


転移状態は、あばたもえくぼの恋愛状態に似ていかも


いずれえくぼでなくなること多いですものね


久喜市の温心堂接骨院

久喜市にある予約制の治療系接骨院。
筋骨格系の負傷や症状・スポーツ外傷・交通事故・労災対応・酸素カプセル療法。
住所:〒349-1117 埼玉県久喜市南栗橋4-11-5ラフィーネ103
TEL:0480-53-0837(予約優先)

> 一覧へ戻る

諦めていた痛み。治らなかった症状。当院にご相談ください。

症状に対応した治療の質を維持するため予約制となっております。
急な痛みや負傷には予約状況によらず可能な限り診療させていただきますが、まずはお電話にて対応可能かお問い合わせください。
また、遠方からお越しになる方には長時間予約(ロングコース)をおすすめします。

温心堂接骨院電話番号0480-53-0837