温心堂接骨院 インフォメーション&コラム

HOME > インフォメーション&コラム > ・ケース紹介・ 小児肘内障

・ケース紹介・ 小児肘内障

2019.02.24

学童期前の小児によく起こる肘内障

診療後電話があり時間外の診療となりました

内側に腕をねじった状態で引っ張った際によく起こる靭帯脱臼とされています

でも、整復の感触としては関節ロッキングに近いもののような感じかと

教科書的に肘を曲げながらの整復法を教わるのですが

経験上、肘を伸ばした伸展整復法のほうが痛がる程度が低いように感じます

今回もお母さんに抱っこされた状態のまま整復

痛みというより驚いた反応として二、三分泣いていましたがその後はケロッと・・・

動きの確認を行いそのまま終了

なかには繰り返し発症する子もいますが、学童期に入れば骨格的な成長により起こりにくくなるもので心配要りません

また、整復後の固定や治療も必要ありません

久喜市の温心堂接骨院

久喜市にある予約制の治療系接骨院。
筋骨格系の負傷や症状・スポーツ外傷・交通事故・労災対応・酸素カプセル療法。
住所:〒349-1117 埼玉県久喜市南栗橋4-11-5ラフィーネ103
TEL:0480-53-0837(予約優先)

> 一覧へ戻る

諦めていた痛み。治らなかった症状。当院にご相談ください。

症状に対応した治療の質を維持するため予約制となっております。
急な痛みや負傷には予約状況によらず可能な限り診療させていただきますが、まずはお電話にて対応可能かお問い合わせください。
また、遠方からお越しになる方には長時間予約(ロングコース)をおすすめします。

温心堂接骨院電話番号0480-53-0837