温心堂接骨院 インフォメーション&コラム

HOME > インフォメーション&コラム > ケース紹介 首の痛み

ケース紹介 首の痛み

2019.02.06

来院時の3日前、 起床時に首を痛めた方.


お仕事にはいくも 次第に痛みが強くなり 早退


翌朝にはさらに痛みが増し お仕事を休み 痛くないように じっと寝ていたとのこと


来院時には痛みの過敏な状態が出来上がっており


うなずくことさえ出来ない


痛覚の増強により


触れるだけでも痛いと体をそらすほどのアロデイニア(痛覚過敏状態)に近い


これは


本来なら痛くない刺激まで痛みと認知してしまうもの


この過敏状態には 痛くない触覚刺激を与えることが大切


ご自宅で行なっていただく 疼痛解消動作を 覚えるために繰り返し行い


過敏状態を解消するための 触れ方を 指導させていただきました


それを就寝前までに7、8回行なうことをすすめ


いつもより若干高めの枕を使用するように伝えました(いためた筋の短縮痛予防のため)


それともうひとつ


過剰な安静が過敏な感覚をアップデートしてしまうため


安静でいいのですが 出来る範囲の可能な日常動作を行なうことが重要な点を説明しました


 翌日の再来院時には ある程度の首の動きが出来るようになっており 笑顔もみられ 安心した様子


横になることも可能になっていたため 


横に寝た状態で軽い動作と 触覚を利用した細かな調整を行ないました


明日には出勤できそうとのことでした










> 一覧へ戻る

諦めていた痛み。治らなかった症状。当院にご相談ください。

症状に対応した治療の質を維持するため予約制となっております。
急な痛みや負傷には予約状況によらず可能な限り診療させていただきますが、まずはお電話にて対応可能かお問い合わせください。
また、遠方からお越しになる方には長時間予約(ロングコース)をおすすめします。

温心堂接骨院電話番号0480-53-0837