温心堂接骨院 インフォメーション&コラム

HOME > インフォメーション&コラム > バレエで膝

バレエで膝

2021.12.08


バレエ教室に通う小学2年生


学童時間に正座をしたとき 痛!


その後は


膝を曲げられない(伸ばす分には大丈夫)


聞けば


ひかえている発表会準備で練習強度 ↑ 状態


本人も「膝の裏に違和感あった」


とのこと


そして正座で発症って感じ


正座はあくまで”きっかけ”


正座とどめを刺したようなもの


正座の前にすでに痛みの準備が出来ていたんですね~


実はこの部分の同様の症状は非常に多い


このコラムでも何度か触れた


膝の裏側にある筋膜の痙攣と痛みの感度上昇によるもの


膝を曲げる → 膝の裏側の筋膜が縮む →  感度が上がった筋膜は縮むと電気を発する → 痛!


って仕組み


今回の症例では


自宅での痛みの引き算+テーピング回復の波に乗れそうでしたので予約ではなくフリー診療


一週間はバレエと体育を休んでいただく予定


初回は脚を引きずっていましたが


二回目は平地の歩行は痛くなくなっています


「10 → 5」


痛みのスケールが減ったとのことでした


久喜市の温心堂接骨院

久喜市にある予約制の治療系接骨院。
筋骨格系の負傷や症状・スポーツ外傷・交通事故・労災対応・酸素カプセル療法。
住所:〒349-1117 埼玉県久喜市南栗橋4-11-5ラフィーネ103
TEL:0480-53-0837(予約優先)

> 一覧へ戻る

諦めていた痛み。治らなかった症状。当院にご相談ください。

症状に対応した治療の質を維持するため予約制となっております。
急な痛みや負傷には予約状況によらず可能な限り診療させていただきますが、まずはお電話にて対応可能かお問い合わせください。

温心堂接骨院電話番号0480-53-0837