温心堂接骨院 インフォメーション&コラム

HOME > インフォメーション&コラム > ちょっと実験

ちょっと実験

2020.02.19

事実と考えギャップ問題です


・ そのまま何秒か目を閉じてからまた目を開けてください


どうなりました?


たいていは 「見えなくなった」


と答えますよね


もちろん正解


でも


実は考えの中でしかない答え


だって


見えないというには


見えていたものを想像で存在することにしないといけない


では事実上の答えは?


「暗くなった」 「黒になった」 ・・・


が事実上の正解


「消えた!」ならおそらくOK


これらの回答は小さなお子さんの答えには多いはず


この問題


禅問答をアレンジしました


「見えなくなりました」


と答えると


「カーッツ」


とやられるんですかね?


痛みの理由付けにも


考えや思考ジャマになることが多いものです


まあ


思考や考えの役目でもあるし


想像できる想定内のことにすることが大好きだからしかたない?


大切な機能ですが


事実から離れすぎて苦しむこともままあります


ちなみに


以前


会話が出来てきた頃の息子に同じ問題を出したことがあります


ちゃんと「黒になった」


といってました


久喜市の温心堂接骨院

久喜市にある予約制の治療系接骨院。
筋骨格系の負傷や症状・スポーツ外傷・交通事故・労災対応・酸素カプセル療法。
住所:〒349-1117 埼玉県久喜市南栗橋4-11-5ラフィーネ103
TEL:0480-53-0837(予約優先)

> 一覧へ戻る

諦めていた痛み。治らなかった症状。当院にご相談ください。

症状に対応した治療の質を維持するため予約制となっております。
急な痛みや負傷には予約状況によらず可能な限り診療させていただきますが、まずはお電話にて対応可能かお問い合わせください。
また、遠方からお越しになる方には長時間予約(ロングコース)をおすすめします。

温心堂接骨院電話番号0480-53-0837