温心堂接骨院 インフォメーション&コラム

HOME > インフォメーション&コラム > なぜ触れるといいのか

なぜ触れるといいのか

2018.11.11

痛い 痛いの飛んでゆけ


一度は誰でもした もしくはしてもらったことがあるでしょう


果たしてその効果は? 気のせい? 子供を泣き止ませるためのおまじない?


いえいえちゃんと効果があるのです


触れた感覚(触覚)により 脊髄と脳で 痛みの抑制反応が起こるのです


痛みの通るゲートを 閉めてくれます(ゲートコントロール)


狭くなったゲートにより、痛みの信号が 感覚野(体性感覚野)に到達できないから 痛みを感じにくいわけです


施術においても大切なのは 触れている部分の 緊張改善や 循環改善 以上にこの中枢との触覚を通した会話が重要


中枢のもっている痛みの消火機能は非常に強力です


活かさない手はありません


また触覚には情動(大脳辺縁系)への影響もあり、 ここからさらに痛みを止める援軍がやってきます


身体心理学・進化心理学・進化医科学などではどのくらいのスピードでさすると情動にもっとも効果があるかも検証されています


どうやら一秒に5~7センチ


これはちょうどベロッと舌でなめるスピード


進化史上、人類が人類以前に、文字通り傷を舐めあっていた時代の記憶だそうです


どうりで痛いところには自然と手が行くわけですね







> 一覧へ戻る

諦めていた痛み。治らなかった症状。当院にご相談ください。

症状に対応した治療の質を維持するため予約制となっております。
急な痛みや負傷には予約状況によらず可能な限り診療させていただきますが、まずはお電話にて対応可能かお問い合わせください。
また、遠方からお越しになる方には長時間予約(ロングコース)をおすすめします。

温心堂接骨院電話番号0480-53-0837